知っててお得!カードローンの豆知識

おまとめローンなら総量規制対象外で

女性画像

おまとめローンでよくありがちなのが、総量規制のことをよく理解せずお申込をして希望額を借入出来なかった。と言ったケースが多々ございます。 総量規制とは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される事を言います。分かりやすく説明しますと年収300万円の方の場合、最高でも100万円までしか借入が出来ないと言う事になります。 では借入総額が年収の3分の1まで借りている方はおまとめローンをご利用できないのかと言いますと、そうではありません。 貸金業法の総量規制で貸付が制限されておりますが、銀行は貸金業法ではなく法律が銀行法に代わってきますので、総量規制対象外になります。 総量規制対象外であれば年収の3分の1を超えていても借入する事が可能です。 もし総量規制に引っ掛かってしまう大きな金額を借入したいのであれば銀行系カードローンを利用した方がいいでしょう。

銀行系カードローンは金利が低く、最高融資額も大きいのでおまとめローンの利用には最適です。 ただ融資してくれる金額も大きく金利も低い分、審査は多少厳しめにはなります。

審査が心配であればおまとめする金額に応じて限度額の大きい総量規制対象のカードローンを検討してもいいかも知れないです。

こちらも是非参考にしてください。 →おまとめローン特集

総量規制対象でも借入が可能?

総量規制には例外があるのをご存知でしょうか?

全てに適用するわけではありませんが、覚えておけばおまとめする際に役立ちます。

例外になるケース

・家やマンションなどのローン

・車のローン

・高額な医療費などのローン

このように家やマンションなどのローンや、車や病院で発生したようなローンは総量規制の例外となります。

要するにキャッシングで年収の3分の1までの借入制限が総量規制対象であり、高額なローンなどは総量規制対象に含まれません。 高額ローンを既に組まれている方でも総量規制対象に含まれませんので、気にせずカードローンをお申込み可能です。

ページ上部へ